SURFTRADERSはAddictionとSharpeyeのサーフボード正規販売代理店です

.

.

サーファーを狙う車上荒らしを防ぐには?手口はスパークプラグでバッチン

サーファーを狙う車上荒らしを防ぐには?手口はスパークプラグでバッチン

このエントリーをはてなブックマークに追加

この写真を見てください。綺麗なポイントの前に無数のガラスの破片が落ちています。 決してローカルがビンを捨てていったものではありません。 これは車上荒らし割ったガラスの破片です。 私の好きなポイントでは最近車上荒らしが頻発しておりいたるところにガラスの破片があります。

 

サーファーが車上荒らしにあいました

サーファーが車上荒らしにあいました

ここメキシコではサーフボードを買うことのできる人たちは比較的裕福な人たちです。 サーファーはポイントに車を止めると、車の中に財布や荷物を入れてサーフィンに行くので 泥棒にとっては最高のお客さまです。

手口はというと、サーファーが全員海に入り、駐車場に人がいなくなった瞬間が絶好のチャンスです。 用意しておいたスパークプラグで音も無く車の窓ガラスを割り、財布、携帯、サーフボードなど貴重なものを盗んでいきます。 泥棒に慣れているメキシコ人も良くやられるので、決して”俺は大丈夫”なんて思わないでください。

これを防ぐために僕は・・・

1.車を洗車せずに凄く汚い状態にしています。窓以外は泥だらけにしています。 2.社内には一切ものを残しません。 3.万一のためにサーフィンするときは、財布や携帯をマットの下などに隠します。

貧しい国ではどうしてもこういう問題に直面します。メキシコの工場で働くと日給は2000円位です。 そのため貧しい人達が盗みに走る傾向にどうしてもなってしまいます。

海外サーフトリップに行くときは是非このことを思い出してください。

« »

コメントを残す