SURFTRADERSはAddictionとSharpeyeのサーフボード正規販売代理店です

.

.

一般ニュース

フェリペ USオープン優勝

シャープアイのライダーであるフェリペが強豪を抑えてUSオープンで優勝しました。
USオープンは賞金がすごいからトッププロが多数参加する大会です。まだ、若いから楽しみですね。

マイケル・ピーターソン 悲しいサーファー?

私の妻はオーストラリア人です。以前、雑誌にマイケル・ピーターソンの写真が写っていたので妻と彼について話す機会がありました。
妻は彼がオーストラリアで英雄であることを認めつつも、麻薬に溺れ晩年は輝くことが出来なくなった彼を”悲しい人”と言います。
妻にとってトム・キャロル、ナット・ヤングなどはヒーローですが、マイケル・ピーターソンは別のようです。

これは70年代の映像ですが、彼が天賦の才能があったことは間違いなさそうです。

シングルフィン 

シングルフィン 

WCTサーファーをスポンサーするってことは・・・

WCTサーファーをスポンサーするってことは・・・

ご存知のいるかも知れませんが、今年からシャープアイサーフボードではWCTサーファーのフィリペトレドをサポートしています。
まだ10代ながらもエアー系ではWCTでもトップクラスで、コンテストでの勝ち方も少しずつ学んでいる状態です。
それでもWCTで10番台をキープしている選手に対しては惜しみなくボードを与える必要があります。
写真ではフィリペがボードに囲まれていますが、こんなのは序の口です。現在もバンバン彼のために板は削られています。
(フィリペのUSEDボードもご希望があればてに入れられます。声をかけてください。)

フィリペ トレド

フィリペ トレド

動画ではフィリペのフリーサーフを見れますが、実は彼のための試乗会の様子です。
時々シェイパーのマーシオがフィリペと話して板をチェックしているのがご覧いただけます。
マーシオもフィリペが最高のパフォーマンスを出来るよう、彼の技術を結集してボードを彼のために製作しています。
WCTのサーファーをサポートすると、会社全体で彼の成功の手助けを出来るよう動きになります。
またマーシオはフィリペと同じブラジル出身なので、同郷の先輩として彼に色々アドバイスしています。

WCTサーファーをサポートすると、非常にお金はかかりますが、お互いに高みを目指し良い相乗効果が生まれてきます。

Santa Ana days with Filipe Toledo from Sharp Eye Surfboards on Vimeo.

マッシーな波でのシングルフィン ジョエルチューダー

日本では結構マッシーな波が多いですよね。この動画は比較的マッシーな波(それでも十分いい波ですが・・・。)
ジョエルチューダーが乗っている動画です。やっぱりこの人はスタイリッシュで上手い。

アディクション シングルフィン

アディクション シングルフィン

ハイパフォーマンス ツインフィン スタイリッシュなサーフィン動画です

Ellis Ericson いわく、バリではダブルウィングのツインフィン最高だとのことです。
映像を見るとボードは良く走っているし、コントロールもきいています。
レトロボードが好きなサーファーにとっては、バリのように良い波の場所では若干スレンダーなツインフィンはいい選択ですね。

ハイパフォーマンス ツインフィン

ハイパフォーマンス ツインフィン

ほとんどエアー一発で9.97 フィリペ凄いです

先日、シャープアイのオフィスに行ったときにシェイパーのマーシオがフィリペ・トレドのエアーを絶賛しておりました。

マーシオは常にハイパフォーマンスを追及するシェイパーなので、フィリペの様に最先端の技を追及するサーファーが大好きです。

これが昨年のWCTフランスでフィリペトレドがもう少しでパーフェクト10をたたき出しそうになった時の映像です。

殆どこのエアー一発の演技だったのですが9.75。凄いです。

フェリペトレド

フェリペトレド

がんばれFilipe サーフィン業界の巨人軍との戦い・・・。

先日、友達が上手いことを言っていました。アルメリックは業界の巨人軍だ。ナベツネ(バートン)が金に物を言わせて全員4番打者のチームを作っちまった・・・。
断っておきますが、僕はアルメリックさん大好きです。会ってみると本当に寛大な人で、ものすごいジェントルマンです。トッププロライダーが信頼するのもよく分かります。

ただ、友人が言っていた側面は事実としてあると思います。アメリカのトッププロは殆どアルメリックのライダーになってしまいました・・・。(勿論全く悪いことではありません。それだけ魅力のある会社だということです)
面白いのが、オーストラリアのトッププロは必ず自国のブランドに乗ります。彼らは意外と反米意識が強く、愛国心が強いのでこの流れは良く理解出来ます。

今回、WCTマーガレットリパープロではシャープアイライダーのフェリペが巨人軍のライダーとかち合うことが何回かありました。
彼は18歳にも関わらず、今回はR5まで勝ち上りました。”よくやった!”

R1

ナットヤングとの戦い。彼は元々ストレッチサーフボードの秘蔵っ子でした。ストレッチも本当に可愛がっていたのですがあっさり巨人軍へ移籍・・・。

http://www.aspworldtour.com より

http://www.aspworldtour.com より


R3

ジュリアンウィルソンを打ち破りました。彼はオーストラリア人なので巨人軍には属していません。しかしながら超人気選手に勝ったのはさぞ嬉しかったでしょう。

http://www.aspworldtour.com より

http://www.aspworldtour.com より

R4

巨人軍のボス、やはり清原(ケリー)には勝てませんでした・・・。”ケリーと戦う”いうだけで萎縮してしまう選手が多いそうです。しかしながら2位でR5にUP。

http://www.aspworldtour.com より

http://www.aspworldtour.com より

R5

いぶし銀のパーコとの戦いです。しょうがない!まだ、18歳だもの!撃沈・・・。

http://www.aspworldtour.com より

http://www.aspworldtour.com より

最近、真木勇人さんがSharpeyeに乗ってくれます

先日、Sharpeye6’6GUNをハワイで真木勇人さんが乗っていました。正直うれしいです。

真木勇人さんは日本で小波用モデルのDISCOに乗る予定です。

これから色々な情報が出てくると思うので下記ブログも是非ご覧ください。

真木勇人さんブログ
http://hayatoblog.naturadoor.com/?p=160

NaturadoorでもSharpeyeの情報をご覧いただけますよ。
http://naturadoor.com/pages/sharpeye-surfboards

真木勇人さん ハワイで乗っていた6’6GUN

真木勇人さん ハワイで乗っていた6’6GUN

シングルフィン 玄人のサーファーはこうやってシングルフィンに乗る・・・。トムカレン

フランスのアディクションではシングルフィンが人気です。
トライフィンはコントロール性能があるけれど、多いフィンが抵抗(ブレーキ)となりますが、
シングルフィンの場合はものすごいスピードで波に乗ることが出来ます。

このトムカレンのクリップは凄くスタイリッシュで驚きました。シングルでここまで出来るか・・・。

僕はちょっと大き目の板でクルーズする感じが好きです。

大きな波を、シングルフィンでクルーズするのは最高の気分になりますよ。

シングルフィン1

シングルフィン1

シングルフィン2

シングルフィン2

シングルフィン3

シングルフィン3

これ以前マチャドが乗っていたな・・・ とっても不思議なサーフボード

これはフランスで先日製作したモデル。以前、マチャドがこんなのに乗っていました。

多分ジェフが、いつものようにアディクションの工場でシェイプしラミネートされたものです。
写真でごらんいただけるとおり、何層にもクロスを重ねて強引にテールエッジを作っています。

何とも不思議なシェイプです。ただ海では相当目立つと思います。
乗っている人は・・・、ロブマチャドさんしか見たことがありません。

同じのを作れますので、是非、挑戦してください。

マチャド サーフボード

マチャド サーフボード

マチャド サーフボード

マチャド サーフボード