SURFTRADERSはAddictionとSharpeyeのサーフボード正規販売代理店です

.

.

2014年

フェリペ トレドがO’NEILL SP PRIMEで優勝しました!

シャープアイのライダーであるフェリペ トレドがO’NEILL SP PRIMEで優勝しました!先日のUSオープンに続いてプライム2勝目です。彼は多くのトッププロサーファーから、現在世界一の小波サーファーと認められています。是非、彼が選んだシャープアイサーフボードにトライしてください。

フィリペ

フィリペ

フェリペ USオープン優勝

シャープアイのライダーであるフェリペが強豪を抑えてUSオープンで優勝しました。
USオープンは賞金がすごいからトッププロが多数参加する大会です。まだ、若いから楽しみですね。

お勧めのミニシモンズ

これまで、沢山のお客様にミニシモンズを販売してきました。沢山の方からフィードバックを頂いてきました。 ミニシモンズと言っても材質、フィン、サイズで大分乗り心地が違います。 簡単にこんな方にはこんなモデルが向いていると言ったことをアドバイスさせていただきます。

アディクションサーフボード シェイプ

アディクションサーフボード シェイプ

例えばあなたがロングボーダーならば・・・。 サイズ:昔ショートをやっていた方なら5’10~6’0。 ロングのみの方なら6’0~6’2。 幅も広く厚みがあるので、ロングのみを経験した方でも乗り込めば上記のサイズで十分です。 フィン:ツインフィン、クワッドフィンどちらも問題ありませんが、 どちらかと言えば、パフォーマンスロングボーダーの方はクワッドのほうがあっています。 クラシックなロングに乗られている方はツインフィンの乗り心地がお勧めです。 素材 :標準の巻き(トップ:6oz+6oz、ボトム:6oz)でグロスフィニッシュにすると ボードがツヤツヤになりレトロ感もでて非常に格好がいいです。 但し、昔の重いボードに乗ったことのない方だと、ボードが思ったよりも重いと感じるでしょう。 そういった方にはEPSの素材や、クロスを薄くて丈夫なSクロスにすると軽くて扱いやすいでしょう。 勿論、レトロファンには重いボードが好きな方が多いですが、そういった方には標準の巻きとグロスフィニッシュがお勧めです。

ロングの方はサイズのあるときミニシモンズ、サイズのないとき普段使用しているロングで使い分けている方が多いです。 (ただ、ミニシモンズが気に入って、ロングを乗らなくなったという方もよくいます。)

例えばあなたがショートボーダーならば・・・。 常々感じていることですが、週に1回のペースで海に行く方にはミニシモンズはお勧めです。 文句なしでテイクオフは早いからです。ダンパー気味で今まで抜けられなかった波も、ワンテンポ早くテイクオフし、ツインフィンならではのスピードで抜けることが出来ます。

サイズ:5’4~5’10。 フィン:スピードを求めるならツイン、よりトライフィンに近いコントロール性能を求めるならクワッドがお勧めです。 素材 :標準の巻き(トップ:6oz+6oz、ボトム:6oz)でグロスフィニッシュにすると ショートの方には重く感じます。EPS+Sクロス+サンドフィニッシュにするとかなり軽くなるので、 普段ショートに乗られている方にはこちらをお勧めしております。サンドフィニッシュなのでつやは出ませんが、 きれいな塗装をすればボードに雰囲気が出てきます。

例えばあなたが女性ならば・・・。 何人か女性の方に乗っていただきましたが、パドル力が男性に比べると落ちる場合の多い女性には凄く好評を頂いております。 一点だけ気をつけなければならないのは重さの部分です。標準の巻き(トップ:6oz+6oz、ボトム:6oz)でグロスフィニッシュにすると 女性には持ち運びが困難なボードになります。比較的ボードの幅もあるのでそれに重さが加わると大変です。 その為女性にはEPS+Sクロス+サンドフィニッシュにしてボードを軽くすることをお勧めしております。 こうすると持ち運びも楽だし、テイクオフも早くスタイリッシュでお洒落なボードになります。

ミニシモンズは幅広いお客様にお勧めできるボードです。上記以外にもアドバイスすることは沢山あるので、ご質問等ありましたらメール(info@addictionsurfboards.net)でご連絡ください。

マイケル・ピーターソン 悲しいサーファー?

私の妻はオーストラリア人です。以前、雑誌にマイケル・ピーターソンの写真が写っていたので妻と彼について話す機会がありました。
妻は彼がオーストラリアで英雄であることを認めつつも、麻薬に溺れ晩年は輝くことが出来なくなった彼を”悲しい人”と言います。
妻にとってトム・キャロル、ナット・ヤングなどはヒーローですが、マイケル・ピーターソンは別のようです。

これは70年代の映像ですが、彼が天賦の才能があったことは間違いなさそうです。

シングルフィン 

シングルフィン 

WCTサーファーをスポンサーするってことは・・・

WCTサーファーをスポンサーするってことは・・・

ご存知のいるかも知れませんが、今年からシャープアイサーフボードではWCTサーファーのフィリペトレドをサポートしています。
まだ10代ながらもエアー系ではWCTでもトップクラスで、コンテストでの勝ち方も少しずつ学んでいる状態です。
それでもWCTで10番台をキープしている選手に対しては惜しみなくボードを与える必要があります。
写真ではフィリペがボードに囲まれていますが、こんなのは序の口です。現在もバンバン彼のために板は削られています。
(フィリペのUSEDボードもご希望があればてに入れられます。声をかけてください。)

フィリペ トレド

フィリペ トレド

動画ではフィリペのフリーサーフを見れますが、実は彼のための試乗会の様子です。
時々シェイパーのマーシオがフィリペと話して板をチェックしているのがご覧いただけます。
マーシオもフィリペが最高のパフォーマンスを出来るよう、彼の技術を結集してボードを彼のために製作しています。
WCTのサーファーをサポートすると、会社全体で彼の成功の手助けを出来るよう動きになります。
またマーシオはフィリペと同じブラジル出身なので、同郷の先輩として彼に色々アドバイスしています。

WCTサーファーをサポートすると、非常にお金はかかりますが、お互いに高みを目指し良い相乗効果が生まれてきます。

Santa Ana days with Filipe Toledo from Sharp Eye Surfboards on Vimeo.

マッシーな波でのシングルフィン ジョエルチューダー

日本では結構マッシーな波が多いですよね。この動画は比較的マッシーな波(それでも十分いい波ですが・・・。)
ジョエルチューダーが乗っている動画です。やっぱりこの人はスタイリッシュで上手い。

アディクション シングルフィン

アディクション シングルフィン

ハイパフォーマンス ツインフィン スタイリッシュなサーフィン動画です

Ellis Ericson いわく、バリではダブルウィングのツインフィン最高だとのことです。
映像を見るとボードは良く走っているし、コントロールもきいています。
レトロボードが好きなサーファーにとっては、バリのように良い波の場所では若干スレンダーなツインフィンはいい選択ですね。

ハイパフォーマンス ツインフィン

ハイパフォーマンス ツインフィン

ほとんどエアー一発で9.97 フィリペ凄いです

先日、シャープアイのオフィスに行ったときにシェイパーのマーシオがフィリペ・トレドのエアーを絶賛しておりました。

マーシオは常にハイパフォーマンスを追及するシェイパーなので、フィリペの様に最先端の技を追及するサーファーが大好きです。

これが昨年のWCTフランスでフィリペトレドがもう少しでパーフェクト10をたたき出しそうになった時の映像です。

殆どこのエアー一発の演技だったのですが9.75。凄いです。

フェリペトレド

フェリペトレド

これは2014年のNEWモデル。大人気小波モデルのディスコを少々改良し、中波で真価を発揮する、日本の波にあったモデルです。モデル名は”Disco Inferno(ディスコ・インフェルノ)”。

ディスコ インフェルノ

ディスコ インフェルノ

なお、シャープアイサーフボードはNATURADOORからも購入できます。
真木勇人プロのボードインプレッションも見れるから、是非、こちらもチェックしてください。

NATURADOOR:http://naturadoor.com/

ディスコ

ディスコ

ディスコ

ディスコ