SURFTRADERSはAddictionとSharpeyeのサーフボード正規販売代理店です

.

.

03月

キャンベルがテイラー・ノックスを例にボンザーを説明

マルコム・キャンベルがボンザーの特徴、また、トライフィンからの乗換え方を、テイラーノックスを例に説明しています。テイラーノックスはボンザーのファンだからね。

記事はサーファーマガジン:http://www.surfingmagazine.com/news/malcolm-campbell-interview-bonzer-020608/

一部を翻訳したから見てください。

Taylor Knox – 5 Fin Bonzer – Mexico from Campbell Brothers Surfboards on Vimeo.

 

SURFER MAG:ほとんどの人がトライフィンに乗っているから、トライフィンと比較したボンザーを説明してもらえる?

マルコム・キャンベル:一つに、ボンザーはよりレールTOレールのサーフィンがしやすいよ。サイドフィンが通常のトライフィンより深くないからね。だらかレールが水に入ったり、出たりするのが簡単なんだ。また、エッジコントロールも簡単になるね。ラウンドハウスカットバックするときに動きが凄くスムーズになるんだ。トライフィンでラウンドハウスをすると一連の動きを数段階に分けて、最終的にスープに突っ込む感じだけど、ボンザーなら一連の動きを一つの流れとして完結できるんだ。スピードに乗りながらスムーズにラウンドハウスが決められるよ。

ボンザー 5フィン

ボンザー 5フィン

SURFER MAG:もし始めてのボンザーを手に入れるのなら、現在乗っているトライフィンのスペックをそのまま利用するべき?

マルコム・キャンベル:その通り、それが僕らが取っているアプローチだよ。もし、本当に好きなトライフィンのボードがあったら、基本的にはそれと同じボードのボンザーを作るべきなんだ。ボンザライズって言うのかな?そうするともっと冒険的なボードになるよね。

SURFER MAG:一般的にボンザーのセンターフィンは大きいよね?

マルコム・キャンベル:センターフィンは6、6.5、7インチの範囲だよ。一番多いのは6.5かな。あまりにも大きいので、始めてみる人は大抵びっくりするよ。“乗りづらいのかな?”なんて思われたりもする。でも、見た目と乗り味は全然違うよ。でも、このデザインが素晴らしいドライブを生み出すんだ。フィンは大きいけど、ルースな感覚なんだよ。テイラー ノックスは彼の6‘1の板に7のフィンを付けているんだ。彼のサーフィンを見たらとても7のフィンを付けているとは想像できないよ。ダニエル ジョーンズは6のフィンを使っているけど、乗っているボードは5’10だからね。

シングルフィン ロブマチャドが熱く語る

サーファーマガジンにシングルフィンを熱く語るロブの記事がありました。シングルフィンを理解するのに参考になったので一部をちょっと翻訳。英語が出来る方は下記の原文を見てください。

Surfer Magazine: http://www.surfermag.com/blogs/design-forum/machado-single-fin/

Surfer Magazine:シングルフィンに興味を持ったきっかけは?

マチャド:僕がアルメリックの家に最初に行ったのは16か17歳の頃だったね。家の壁には70年代のボードを持ったサーファー達の古い写真が掛かっていて、それがまたカッコイイんだ。その時からアルの家に行くと毎回必ずシングルフィンのカッコイイボードを作ってくれと頼み込むようになったよ。その頃のアルは、サーフィンを進化させようと必死で、いつも“オー、ロバート、あの時代は終わったんだ。”とシングルフィンをせがむ俺を笑ったもんだ。でも俺はあきらめないでアルにせがみ続けたんだ。そうしたらある日、アルのグラッサーから電話がきて“ここにアルがお前にシェイプしたシングルフィンがあるよ。”と言ってくれた。本当に興奮したよ。12歳の頃と同じように、ワクワクしながらそのボードを取りにいったんだ。そのボードは何ヶ月も乗り続けたよ。それがシングルフィンボードとの出会いだよ。

Surfer Magazine:シングルフィンのメリットは何?

マチャド:シングルフィンのメリットはパドルビリティー(パドルが楽)だよ。すっごく簡単に波が取れて、トライフィンとはまったく違ったラインを描けるんだ。古い写真、例えばジェリーがパイプでサーフィンしている古いショットを見てみなよ。ボードは凄く厚くて、テイクオフは早く、ラインも今とはまったく違うよ。現在のパイプでのサーフスタイルとは違うでしょ?例えばジョンジョンが10フィートの波に乗るときと、ジェリーが波に乗るときの板はまったく違うでしょ?その違いを知ったらビックリするよ。でも、それぞれのデザインに理由があって、どちらも正しいんだ。僕にとってシングルフィンもスラスターも、両方好きなデザインだよ。両方とも乗りこなすのにスキルが必要なのには変わりないけど・・・。

シングルフィン 

シングルフィン

Surfer Magazine:なぜシングルフィンに乗るとスタイリッシュなサーフィンになるの?

マチャド:こういったシングルフィンのサーフボードに乗るときは、どんなラインを描くか慎重になる必要があるよ。急なボトムターンや、バーティカルなリップを望んでいるのなら、シングルフィンは間違った選択だよ。シングルフィンのボードに乗ると、レールをうまく使わないと乗りこなせないんだ。

Surfer Magazine:シングルフィン乗られているのは、昔を懐かしむ懐古主義からかな?

マチャド:シングルフィンは絶対に無くならないよ。シングルフィンは他のデザインでは絶対に満たせないサーフィンが出来るんだ。僕がいつも思うのは、子供はある一定の期間シングルフィンに乗るといいんだ。本当にそれが必要だって信じているよ。ツアーを引退してから沢山のボード(シングルフィン、ツインフィン)に乗ったけど、それらのボードが僕のサーフィンを進化させてくれたんだ。

サーファーを狙う車上荒らしを防ぐには?手口はスパークプラグでバッチン

この写真を見てください。綺麗なポイントの前に無数のガラスの破片が落ちています。 決してローカルがビンを捨てていったものではありません。 これは車上荒らし割ったガラスの破片です。 私の好きなポイントでは最近車上荒らしが頻発しておりいたるところにガラスの破片があります。

 

サーファーが車上荒らしにあいました

サーファーが車上荒らしにあいました

ここメキシコではサーフボードを買うことのできる人たちは比較的裕福な人たちです。 サーファーはポイントに車を止めると、車の中に財布や荷物を入れてサーフィンに行くので 泥棒にとっては最高のお客さまです。

手口はというと、サーファーが全員海に入り、駐車場に人がいなくなった瞬間が絶好のチャンスです。 用意しておいたスパークプラグで音も無く車の窓ガラスを割り、財布、携帯、サーフボードなど貴重なものを盗んでいきます。 泥棒に慣れているメキシコ人も良くやられるので、決して”俺は大丈夫”なんて思わないでください。

これを防ぐために僕は・・・

1.車を洗車せずに凄く汚い状態にしています。窓以外は泥だらけにしています。 2.社内には一切ものを残しません。 3.万一のためにサーフィンするときは、財布や携帯をマットの下などに隠します。

貧しい国ではどうしてもこういう問題に直面します。メキシコの工場で働くと日給は2000円位です。 そのため貧しい人達が盗みに走る傾向にどうしてもなってしまいます。

海外サーフトリップに行くときは是非このことを思い出してください。

石を投げられる日本人サーファー

先日、日本人のサーファーが集団でサーフィンしようとしたときに、ローカルメキシコ人サーファーから石を投げられました。 今日はそのローカルサーファーが丁度となりにパーキングしていました。この人は185cm位でAチームのコング見たいな人です。 「やば!」っと思いましたが、一人でピークを譲りながらサーフィンしている僕みたいなビジターには誰もアグレッシブなことはしません。 下の写真はコングの車です。この車の近くで悪さをしないように・・・。

コングの車をこっそり激写

コングの車をこっそり激写

このポイントはポイントブレイクで大人数が入ると一気に息苦しくなるポイントです。

良くあるのがノンビリと皆で譲り合いながらサーフィンしているなかに、アグレッシブでハイテンションなビジター集団が、雰囲気をぶち壊すことです。 そんな時はコングが石を投げたのもよく理解できます。

場合によってはサーフボードをかつあげされたり、パンチアウトなんかもまだ結構メキシコではあるので、 こちらでサーフィンするときは譲りながらおこぼれを頂いていくのがお勧めです。

世界中のトップシェイパーがアディクションのファクトリーを利用する理由

こちらはアディクション サーフボードのピンラインジョブです。

 

Christian Baron のサーフボード ピンライン ジョブ

Christian Baron のサーフボード ピンライン ジョブ

 

Christian Baron という若手のアーティストがパートタイムで施しました。

フランスには世界中から優秀なアーティストが集まります。アディクションサーフボードではそういったアーティストと共同作業で サーフボードを作成します。この芸術性の高さは世界中から有名なシェイパーがアディクション(UWL)のファクトリーでサーフボードを作成し、 アーティスト達にボードの塗装を仕上げてもらいます。

ブランドの名前をあげると”t&c surf,mccallum surf,cambel brothers,nealpurchase designs,vonsol,thomasbexon,sharpeye・・・”他にも沢山あります。

是非、世界のトップシェイパーに選ばれるアディクションをお試しください。

ミニシモンズの誕生2

ジョーボーゲスがボブシオンスのレストアをし、その後、レプリカのボードを暫くシェイプしていたことは前回記載しました。
今回からはリチャードケンビンとの出会いの話です。

1013010_619043988106805_1354158533_n

リチャードはジョーがシェイプしたレプリカボードに乗っていたこともあり、友人の紹介でジョーと友人になりました。その後二人はよくボブシモンズの話に花を咲かせていました。その中で、「ボブシモンズは長いモデルだけでなく、6‘0位の板もその当時に削っていた」という話が上がり、リチャードは「ワーオ!6フィートのシモンズに乗りたい!ジョー頼むから作ってくれ。」と言ったそうです。

ジョーは昔、ボブシモンズがシェイプしたショートを見たことがある人に詳細を聞き、何とかそのレプリカを作りました。と言ってもその人は老人だったのでかすかにしかボブシモンズのショートを記憶していませんでした。試行錯誤の末、ジョーは昔のバルサではなく、通常のスタイロフォームでボードを作ることを決心しました。また、カイトサーフィン、ウィンドサーフィンのボードがトレンドとして全体的に幅広になっているのに対し、サーフボードだけは細いということに違和感を感じていたジョーは思いっきり幅広のデザインを選択しました。

彼は頭の中から現代のトレンドとなっているサーフボードのイメージを取り払い、クリエイティブに作成したいと願い、また、リチャードもそんな彼の技術を全面的に信頼して全てお任せでシェイプしてもらいました。
こうして生まれたボブシモンズのミニ版は、「ボブシモンズに敬意を払う意味でミニシモンズと名づけた」とジョーは言います。
ジョーは40年間のシェイプ経験がありましたが、シェイパーとしては世界的に知られる人ではありませんでした。但し、本人はまじめにコツコツと長年にわたってシェイプを続け、独学でハイドロダイナミカの力学などを勉強していた人物です。そんな人物だったので、ボブシモンズのボードを簡単にレストアし、レプリカをつくり、また、ミニシモンズを作れたのです。
ジョーボーゲスには偶然、ミニシモンズを作るチャンスが与えられたけど、彼が何十年も誠実にボードを削り続けたことが、そのチャンスを逃さなかったんだなと思います。

ミニシモンズの誕生1

私が始めてミニシモンズを見たのは春に発売されるサーフィン雑誌のカタログ号でした。その当時私はあるサーフボードメーカーで働いており、そのブランドは世界中のトップシェーパーが削った板をベースにモールドボードを作成して販売する会社でした。数百種類のモデルがあり、テストボードも沢山あり、様々な板に乗る機会があるなかでレトロボードの素晴らしさに魅了されている時期でした。カタログ号でミニシモンズを見た瞬間「これを将来売りたい!」と乗ってもいないのに一目ぼれしたのを覚えています。また、レトロボードはパワーがなく比較的波の小さいコンディションが多い日本には適したモデルで、ミニシモンズなら絶対に売れるという打算的な考えも浮かんだのを覚えています。

 

そんなミニシモンズは元々、歴史的なボードであるボブシモンズをリストアしたいという一般サーファーとジョーボーゲスとの出会い、また、ジョーとリチャードの出会いから生まれたボードです。

ミニシモンズはジョーボーゲスが最初に削ったと言われています。2006年9月6~7日の2日間で第一号が作られました。 ただし、それ以前からジョーにはシモンズと接する機会があり、それは2001年にジョーがボロボロのバルサウッドを持ったサーファーと会ったことでした。ジョーが“それは何だ”と聞くと、サーファーは“オリジナルのボブシモンズだ”と言いました。 “どうするの?”と彼が聞くと、“このボードをリストアしたいんだ”というのでシェイパーであるジョーは快く引き受けボードをリストアしました。(そのボードは現在200万円位の価値があります。)その後、ジョーはボブシモンズのレプリカをシェイプしていたそうです。 ある日、ジョーはリチャードケンビンを紹介されます。リチャードはジョーが削ったボブシモンズのレプリカに乗っていたそうです。この出会いがミニシモンズを生むきっかけになるのですが、少し疲れたので、次回、どのようにしてミニシモンズが生まれたか紹介したいと思います。

ボブ シモンズ mini simmons の生みの親

ミニシモンズはボブシモンズが作ったボードをミニにしたからミニシモンズです。でも、、、誰もがボブシモンズって誰????と言った感じでは無いでしょうか?ボブシモンズは最初に流体力学をサーフボードに応用した人で、現在で言う、コンケイブ、スクープデッキ、スプーン、キックテールまた、最初ではないが、ファイバーグラス、スタイロフォームをサーフボード界に広めた人です。サーフボード界の技術革新に貢献した最も偉大な人といっても過言ではありません。 そんな彼の人生について、サーフラインが良いレポートをしていたので紹介します。 英語だったので、翻訳しました。(英語が読める方は下にリンクがあるのでそちらからご覧下さい。)

1009761_619044091440128_489124213_n

以下、サーフラインより

ボブ・シモンズはフォームとファイバーグラス、そしてフィンという画期的な技術をサーフボードに取り入れたことで有名です。これは実際とは異なり、本当はトム・ブレークがその名誉に値します。また、彼のフォームはベニアでサンドイッチされた後にグラスで覆っていました。

ボブ・シモンズがサーフボードの技術に最も貢献した分野は、サーフボードに流体力学(ハイドロダイナミック)の理論を適応したことです。彼が1950年に作成したバルサウッドのサーフボードは、ハイドロダイナミックの理論を適応した最高の仕事と言われています。

ロサンゼルスで生まれたロバート・ウィルソン・シモンズの当時左足首には腫瘍があり、医師は足首を切断する必要があると彼に伝えました。母親は食事療法のエキスパートと相談し、治療をすることで腫瘍が見えなくなり、これはその後のシモンズの人生を変えることとなりました。 食事療法では、肉類ではなく、果物、フルーツジュース、ビタミン、オートミールなどを食べるため、彼の体力は少しずつ衰えていきました。それを補うために、彼は自転車に乗り体力をつける努力をしていました。そんな時、車と正面衝突した彼は、頭蓋骨、足、そして左肘を骨折してしまいました。左肘の回復が遅かったので、彼の入院仲間が治療としてサーフィンを勧めたのが、彼がサーフィンをするきっかけとなりました。

彼は1939年からトム・ブレークのパドルボードでサーフィンを始めました。また、卓球などもして体を鍛え、回復の遅い左肘を補強していきました。その後、ロサンゼルスにあるカル・テックという学校でエンジニアリングを学び、オールAの成績で卒業しました。ダグラス航空で数学者として働き、第二次世界大戦が始まった際、専門のエンジニアとして彼は独立しました。

左肘に障害があったため、シモンズは第二次世界大戦中カリフォルニアでサーフィンできる数少ないサーファーの一人でした。殆どの若い男性が戦争に従事している際に、波のいい時は数日の休みを取って極上の波に乗り続けました。波の悪い時は仕事に精を出し、サーフィンライフを満喫しました。75ポンドの板を車に乗せる時は母に手伝ってもらい、ビーチではその板を引きずって入水していました。

その頃、シモンズは孤独で風変わりな天才でした。日本に原爆が落とされた日には、「原子爆弾は世界を破滅に追い込む!!!」と一日中マリブで波待ちしながら叫んでいたそうです。(1945/8/6は最高の波がマリブに来ていたそうです。) 終戦までに、彼はハイドロダイナミックの理論をサーフボードに適応することに成功していました。かれは船舶設計技師として活躍していたリンジー・ロードの研究成果(ハイドロダイナミック)を発見し、それをサーフボードのデザインに適応していました。シェイプしたボードは異常に早かったので、試し乗りをしたサーファー達を怖がらせました。

また、マリブの偉大なライフガードであったチャップマンにそのボードを渡し、シモンズとチャップマンは他のどのサーファーよりも早く波を駆け抜けるサーファーとして恐れられました。

彼はサーフボードのノーズを補強するためにファイバーグラスを使いました。また、パドリングを補強するために流体力学をボードに適応し、その他にも、コンケーブ、スクープ、キックノーズといった現在サーフィン業界で使用されている重要な技術を肺かつしていきました。

また、シモンズはスタイロフォームをテストしました。第二次世界大戦中に航空機のレーダーで使用するスタイロフォームです。コンクリートの型を作り、その中でフォームを発砲するシステムです。1948年までに彼はファイバーグラスを全てのボードに使用しました。一枚のボードが大体9ポンドの重さです。1949年の夏には100枚程のスタイロフォームを使用したサーフボードを販売しております。それは、カリフォルニアのサーファーが1000人にも満たない時代のことです。

完全ではありませんが、シモンズの負傷した腕は非常に強靭でした。かれは、優れた卓球選手で、かつ、偉大なサーファーでした。また、彼は非常に攻撃的な性格で、周りの人は彼を変人としてみていました。37年型のフォードで海岸を探索し、缶詰、チーズ、果実、ジュースなどとともに最高の波を求めてトリップし続けました。彼は波と天気の関係を研究し、良い波を見つける理論すら開発しました 1953年にはハワイのオアフ島にサーフトリップへ行きました。島中を自転車で探索し、サンセットビーチに最高の波がくると言う地震の予想を確認しました。マカハ、サンセットでサーフィンをし、その結果を自分のシェイプに反映しました。また、パイプラインにも挑戦しました。

http://www.surfline.com/surfing-a-to-z/bob-simmons-biography-and-photos_907/

BONZER キャンベルブラザーズの歴史5

フランスのアディクションサーフボードはキャンベルブラザーズとも非常に仲がよく、キャンベルブラザーズのヨーロッパ販売代理店をしています。また、マルコムは頻繁に、シェイパーのレナウドとともにフランスでシェイプをします。 やはりボンザーといえば、生みの親であるキャンベル兄弟のことを知る必要があります。 キャンベル兄弟に関して非常に面白い記事(John Wythe)があったので紹介します。 (あまりに長い記事なので、数回に分けて紹介します。) 前回送った記事の続きです。ここではダンカンの現在の生活を知ることが出来ます。

アディクションのファクトリーでシェイプするマルコム

アディクションのファクトリーでシェイプするマルコム

 

ダンカンはハワイに戻ってから自分の探索に固執しました。 「私達はこの成功を通して、業界のトップにいる多くの人と対話できることを望みました。また、私達業界に携わるものが、海でサーフィンする子供達に、いやし、テレビからの解放、商業主義からの解放、そして自己中心的にならないよう、私達が模範となることを望みました。」 ダンカンが経営するハワイの喫茶店にはボンザー、そして多くのボンザーに関連した記事が壁に飾られています。多くのサーファー、雑誌関係者がこのカフェに立ち寄り、ダンカンとサーフボードデザインについて語り合います。彼は、彼の哲学に興味のある人とは喜んで話をします。

おしまい。

BONZER キャンベルブラザーズの歴史4

フランスのアディクションサーフボードはキャンベルブラザーズとも非常に仲がよく、キャンベルブラザーズのヨーロッパ販売代理店をしています。また、マルコムは頻繁に、シェイパーのレナウドとともにフランスでシェイプをします。 やはりボンザーといえば、生みの親であるキャンベル兄弟のことを知る必要があります。 キャンベル兄弟に関して非常に面白い記事(John Wythe)があったので紹介します。 (あまりに長い記事なので、数回に分けて紹介します。) 前回送った記事の続きです。ここでは、他社と共同して1つのデザインを共有することの難しさが伺えます。

アディクションのスタッフとフランスでサッカー観戦するマルコム

アディクションのスタッフとフランスでサッカー観戦するマルコム

 

1997年にダンカンは驚きの記事を読みました。そこには5フィンをラスティーがどのように考案、開発したかが記載されております。「フィッシングトリップに行った際に、釣れたマグロのヒレを見て思いついたんだ。インスピレーションを得た私はショップに戻り5フィンとダブルコンケーブをデザインしたんだ。」とラスティーは語っていました。 「サーフィン業界ではよくあることだけど、広告を沢山出せば、記事の内容もスポンサーの思い通りに書いてもらうことが可能です。」とダンカンは言います。

1999年の 5/24から28日にかけて5フィンデザインチャレンジが開催されました。ラスティーのウェブサイトには「トラッセルズにてラスティーの5フィンは観客を大いに驚かせます。ラスティーは5フィンに乗り試合で勝利したシェイパーおよびサーファーに2万ドルの賞金を与えます。ラスティーは最初に5フィンを1996年に開発しました。このデザインはサーフショップで大評判となり、最も人気のあるモデルです。5フィンはサイモンアンダーソンが開発したスラスター(3フィン)に匹敵するデザインの革新です。」・・・ラスティーサーフボードウェブサイト 1999 1月

ダンカンとマルコムがトラッセルで試合があることを聞いたとき、彼らは誤解を正す機会があると思いました。試合で彼らの5フィンが使われるので、メディアに誤解を正す機会があると思いました。キャンベルブラザーズが試合に出向くと、コンテスト前に、ラスティー側は5フィンの考案について誤った情報を流していたことを認め、訂正しました。

ラスティー側はデザインについてはキャンベルブラザーズが考案したことを雑誌に伝えましたが、「キャンベルの板はダウンザラインでは調子がいいが、ターンをするにはあまりよくない。」と言っていました。ダンカンはこれに強く反対し「僕たちの板に乗っている誰もが最高のターンを出来ることを知っている。」と語ります。

試合でダンマロイはキャンベルの板に乗って、最も高いスコアを試合で出しました。彼はボンザーには乗ったことがありませんでした。実を言うとその板はテイラーノックスのためにシェイプされたのですが、試合前にテイラーが足にけがをしたためダンが乗ったのです。ブラッド・ガーラックはキャンベルとドックのロゴがついたボードで試合に参加しました。また、ドノバン、ジョエルチューダーといったトップサーファー達も試合でボンザーを使いました。

最初に作ったボンザー5フィンは16年程たっており、それはハワイのショップに飾ってありました。ドノバンはハワイでその板に乗り、とても気に入っていたので、最初のヒートで使用しました。勿論ヒートを勝ち上がりました。  その次のヒートでドノバンはコーデルの板に乗りましたが、マロイとガーラックに破れました。マロイはセミファイナルで破れ5位でした。結局優勝はドックのライダーであるジェイ・ラーソンが勝ちました。

式典ではラスティー側がキャンベルブラザーズを5フィンの発明者として感謝を述べました。彼らはステージにマルコムを招待し、ファスティーはこの試合を講演してくれたことに対してマルコムにお礼を言いました。

「財政的には勝利ではないが、僕たちのデザインは勝利を収めました。ホローな波、グラッシーな波、ポイントブレイク意外でもボンザーが十分に機能し、ターンもスムーズであることを、試合を通して証明することが出来ました。」とダンカンは語ります。

パート5に続く。